【ビル管理への転職サイト】スティーブ・ジョブズ スタンフォード大学卒業式の演説で思う事 part2

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村

スティーブ・ジョブズ スタンフォード大学卒業式の演説で思う事 part2

 




英語の勉強の一環としてしばしば演説を聞いている。

彼の生い立ちや自分が起業した会社を首になったこと。そして会社に復帰した経緯。死に対する考え。

①点と点は繫がると信じて今の点を選択せよ

② 愛と敗北こそが人生を豊からにする

③ 死を感じて今日を生きよ。

この三点の話に魅了されてきた。

stay hungry,stay foolish。

最後の〆言葉はstay hungry,stay foolish。

訳すと「ハングリーであれ。愚か者であれ。」となる。

私なりの解釈をすると“人生は恐れず、迷わず、信じた道を歩こう”ということではないかと。

二つ目の視点 愛と敗北について!

前回のブログで、点と点が繋がる!この視点で自分の生い立ちを記した。今回は【愛と敗北について】。

上京したのは18才の春。当時付き合っていた彼女は長野に残ることになり、上京の日に送りに来てくれた。高校を卒業し彼女は家庭の事情で就職を余儀される。

握手でお互いの幸せを願い、電車の発車ベルと同時にその日を境に今まで逢っていない。

その後、高校の担任だった教諭が別の高校に赴任。そこで自分の人生を翻弄された彼女と出逢う。敗北の始まりだ。

遠距離恋愛が始まる!

彼女には田舎にも彼氏がいた。その存在を知るのは付き合ってから2年後あたり。明日、逢おうという前夜に電話が鳴る。

明日の確認と思いきや好きな人が出来た。貴方とは会えない。さよならの一方的な言葉で付き合っては終わる。

「何なんだ」この惨めさは。

どうしても許す事が出来なかった。でも、数週間掛けてこの屈辱を勉強に向けた。おかげで相当な試験に合格してじ、彼女を見返す事が出来たと自分なりに納得して本当の決別ができた…と思いきや、再びの悪夢。

二つ目の視点 愛と敗北について、続編

数年後、彼女から電話が掛かってきた。引っ越しもしすべてをやり直したその時期だ。

言葉が出なかった。一瞬で電話を切り、二度と掛けて来ないでほしいと一喝。あの苦しさが蘇りそうになったが、その苦しさを超える闘いに勝った自分。もう振り返ることはなかった。

魔の出来事が

なんと会社に電話が掛かってきた。近くの交差点で待っていると。

身の毛が立った。絶対に会いたくない。そう突き放すと、当時の管理所長が折角来ているのだから会って来いと!

逢ったところで何があるのか?上司の命令だと言われてしまえばそれまで。

“ やり直したい ” の一声。いい加減にしてくれ。どんな思いでここまで来たのか、すべてをぶちまけた。

散々裏切られ苦しめられ「悪魔」。でも、そのときに思ったことがある。「悪魔」のお陰で自分は大きくなれた。資格も沢山取得できた。管理職にも早い時期になれることが出来た。

敗北は人を成長させるスキルなのかも知れない。その後、彼女との縁は切れた。

ビルメンマンとしてのステージは確実に上がっている。その後、大規模現場の所長など大きな仕事を任されるようになる。

敗北は将来の糧と成り替わっていく。

今回のブログはスティーブ・ジョブズの演説で「愛と敗北」に焦点を当て記してみた。

次回は最後の視点「死」について語ってみたいと思う。ビル管理に捧げた32年。魅力と将来性のある仕事です。




ビル管理は宿直業務もありで健康管理も大事‼5/20. がっちりマンデーで紹介

【インフォメーション Ⅰ】

年を重ねても出来るビル管理

年齢を重ねても一定の資格があれば再雇用は可能。65才まで働ける。

我社はその先も働くことが出来る。70才まで会社が必要とすれば雇用は可能。

長期的に見てビル管理は体にやさしい人にやさしい業界であることは常々お伝えしています。

今まさに転職をお考えの方、絶好のチャンスです。思い立つ日が吉日。

さあはじめましょう。

【インフォメーション Ⅱ】

良いビル管理開始を見極める

ビル管理館会社のイメージとして安い給料汚い仕事が浮かぶかも知れません。決してそんなことはありません。

良いビル管理会社を見極めれば処遇も悪くなくやりがいのある仕事になるでしょう。

良いビル管理会社とは以前にも数回お伝えしましたが、大手不動産会社の子会社であること。ここをポイントに置けば狂った選択には行きつかないはずです。

大手不動産会社には一体となったビル管理会社が存在します。資本の入ったビル管理会社とは親子の関係です。

ベクトルを一緒にしながらビルの価値と品質アップに進むことになります。

営利を追求することは当然ですが、その前に品質を追い求めるビル管理会社を見極めてください。

ビルメンは楽しい仕事です。転職をお考えの方、お待ちしております。

【プロフィール】

  • ニックネーム:ビル管理が天職
  • 勤続年数:30年(新卒から一筋)
  • 保有資格:電気主任技術者、建築物衛生衛生管理技術者(通称 ビル管)、 第1電気工事士、第2種電気工事士、消防設備士甲類など
  • 経歴: 1986年に入社し多数の現場を経験し現在管理職




応援クリックをお願いします。


就職・アルバイトランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です