【ビル管理への転職サイト】英語を猛勉強

ビル管理に英会話が必要?

 




外国人のテナントワーカーさんが増えたビル管理業界

ビル管理業界にも英会話が必要な時代がやってきた。学卒の連中はそれなりに大学受験で英語を学んでいるので
片言の英会話はいけるようだが、こちらは高卒で英語なんか無縁というか不必要な環境であり、電気工学を中心とした完全な技術屋だ。

テナントワーカーさんに外国の企業が増え、必然的に英会話が必要となっている。案内や説明。また、来訪者も多数。



英検にチャレンジする

館内放送も英語でのアナウンスも必要となり、英会話は多岐に亘る。

で、新たなチャレンジをしていますが、まずは英検三級から始めようと思い単語本を買ったものの覚えられない現実に凹んでいる状態です。

何か良い方法はないかと、休日の1時間は近場の喫茶店で勉強するルーティンとしました。

なぜに1時間かというと、wifiが使えるのが1時間だけなのでアプリを使っての勉強を中心にと集中的にやり始めているのです。

でも頭に入りません。で、苦肉の策で単語カードを作ることにしました。

単語も1000語。単語カードは一束が100枚。となると10束の単語カードが必要。

一束100円の単語カードを用意し少しづつ作成しています。 年の生で記憶力がなくなっているのか。

はたまた酒で脳が侵されているのか全くと言っていいほど記憶に残らない。ここまで来ると笑しかでなくなる。




やれることはやりたい

でもやれることはあるだろう。で、単語カードに切り替えたのだ。

将来の夢も膨らむ

将来(近い将来)アメリカに行ってみたい。本場の外国人とどこまで英語で話が出来るか?本気で思っている。

退職後なのか退職前なのかお金を貯めてニューヨークに行きたい。

で、もっか英語を猛勉強中

オリンピックを目前に外国人が多く日本に旅行に来ています。今後も益々増えるでしょう。

またオリンピック期間中は相当な外国人が来て日本中を埋め尽くす、そんな光景が見て取れます。

そして、オリンピックが終わったのちも日本の良さは世界に発信され、今以上に外国人が日本にやってくると予見できます。

まずは日本での外国人と会話をマスターしてアメリカへ

夢は大きくもちたい!

 





ビル管理は宿直業務もありで健康管理も大事‼5/20. がっちりマンデーで紹介

【インフォメーション Ⅰ】

年を重ねても出来るビル管理

年齢を重ねても一定の資格があれば再雇用は可能。65才まで働ける。

我社はその先も働くことが出来る。70才まで会社が必要とすれば雇用は可能。

長期的に見てビル管理は体にやさしい人にやさしい業界であることは常々お伝えしています。

今まさに転職をお考えの方、絶好のチャンスです。思い立つ日が吉日。

さあはじめましょう。

【インフォメーション Ⅱ】

良いビル管理開始を見極める

ビル管理館会社のイメージとして安い給料汚い仕事が浮かぶかも知れません。決してそんなことはありません。

良いビル管理会社を見極めれば処遇も悪くなくやりがいのある仕事になるでしょう。

良いビル管理会社とは以前にも数回お伝えしましたが、大手不動産会社の子会社であること。ここをポイントに置けば狂った選択には行きつかないはずです。

大手不動産会社には一体となったビル管理会社が存在します。資本の入ったビル管理会社とは親子の関係です。

ベクトルを一緒にしながらビルの価値と品質アップに進むことになります。

営利を追求することは当然ですが、その前に品質を追い求めるビル管理会社を見極めてください。

ビルメンは楽しい仕事です。転職をお考えの方、お待ちしております。

【プロフィール】

  • ニックネーム:ビル管理が天職
  • 勤続年数:30年(新卒から一筋)
  • 保有資格:電気主任技術者、建築物衛生衛生管理技術者(通称 ビル管)、 第1電気工事士、第2種電気工事士、消防設備士甲類など
  • 経歴: 1986年に入社し多数の現場を経験し現在管理職




応援クリックをお願いします。


就職・アルバイトランキングへ

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です