電験3種の合格ストーリー 私のチャレンジ part2

電験三種の願書受付が始まります

平成30年電験三種の願書受付が始まります。

受付期間

・平成30年5月21日(月)〜6月6日(水)

試験日

・平成30年9月2日(日)





32年前の挑戦ストーリーpart2

忘れもしない 1986年の10月に電験3種に挑戦。当時は6教科で2日間に分けて3教科づつの長丁場。

科目は理論、発変電、送配電、機械、応用、法規だ。

【学習図書】

新方式 電験3種完修講座 1~6




お盆の時期がやってきた。GWからお盆までの間、大体の強化に手が付けられ、繰り返しの勉強を続けている。

アパートの温度は30度を超えている。勉強どころではない。

図書館や行きつけの喫茶店で集中的に勉強を繰り返す。

特に喫茶店は今と違い何時間も居られることはなく、コーヒーのお替りで時間をつ繋ぎ。

喫茶店の勉強はとにかく暗記が主体。計算問題は他のお客さんにも迷惑になるので極力控えて暗記のみ。

今日はここまでしっかり読み込もうと決め打ちで喫茶店に入る。

2時間後、やり切った感で喫茶店を出るといつも1,000円の支払い。二杯分だ。

図書館は朝空くと当時に行かないと席が取れない。なので図書館の日は朝いちばんで駆け込む。

図書館も今とは違って仕切られた環境とかはなく、机があるだけ。

周りの様子を気にしながらの勉強。受験生などが多かったせいか、触発されて勉強は進んだ。

試験日までのラストスパート

お盆過ぎからは問題集を徹底的に解いた。こちらも何十回というほどに繰り返し。

六教科の参考書の何ページに何が書いてあるかまで頭に入っている。

一年間の集大成が参考書に詰め込まれ、自分の頭の中は電験一色。あとは何もない。

試験前日まで勉強をしていた。単語カードを繰り返し法則の確認。

そして試験当日。今日明日で開放される。一年間長かったようであっという間だった。

試験会場は東京電機大学。二日間の戦いが始まった。

問題は何回も繰り返し確認

順調に問題が解けていく。残り時間で問題と解答に間違いがないか再三確認を。

そして二日間の戦いが終わった。

帰り際、門で回答速報の用紙が配られ、後日、郵送で送られてきた。

当然インターネットなどない時代。ペーパーで確認するとしかない。

合格ラインぎりぎり。どちらに転んでもおかしくない状況だ。正直、半分はあきらめていた。

12月に入り一通のはがきが。「合格」の二文字が浮き上がっていた。飛び上がって喜んだ。本当に嬉しかった。

人生でこんなに嬉しいことは経験したことがない。興奮してその日は寝れなかった。

親は電気工事店を経営していた。親への報告。喜んでくれた。今でも実家にはコピーが額縁に入れて飾ってある。

苦しく悲しい一年であった。すべてを捨てて電験にかけた。

年末年始は田舎に帰りゆっくりと過ごすことができる。

二年後、最年少の電気主任技術者が誕生

23歳で電気主任技術者に選任された。異例中の異例。

責任ある立場がこんなにも若い人間でいいのか?

でも自身はあった。こんなに苦しんだのだ。誰よりも知識は持っていると。

何回かの停電作業も経験。人生は報われるものだとつくづく感じる場面を経験する。

次回は電験2種への挑戦




【インフォメーション Ⅰ】
年を重ねても出来るビル管理

年齢を重ねても一定の資格があれば再雇用は可能。65才まで働ける。

我社はその先も働くことが出来る。70才まで会社が必要とすれば雇用は可能。

長期的に見てビル管理は体にやさしい人にやさしい業界であることは常々お伝えしています。

今まさに転職をお考えの方、絶好のチャンスです。思い立つ日が吉日。

さあはじめましょう。

【インフォメーション Ⅱ】
良いビル管理開始を見極める

ビル管理館会社のイメージとして安い給料汚い仕事が浮かぶかも知れません。決してそんなことはありません。

良いビル管理会社を見極めれば処遇も悪くなくやりがいのある仕事になるでしょう。

良いビル管理会社とは以前にも数回お伝えしましたが、大手不動産会社の子会社であること。ここをポイントに置けば狂った選択には行きつかないはずです。

大手不動産会社には一体となったビル管理会社が存在します。資本の入ったビル管理会社とは親子の関係です。

ベクトルを一緒にしながらビルの価値と品質アップに進むことになります。

営利を追求することは当然ですが、その前に品質を追い求めるビル管理会社を見極めてください。

ビルメンは楽しい仕事です。転職をお考えの方、お待ちしております。

【プロフィール】

  • ニックネーム:ビル管理が天職
  • 勤続年数:30年(新卒から一筋)
  • 保有資格:電気主任技術者、建築物衛生衛生管理技術者(通称 ビル管)、 第1電気工事士、第2種電気工事士、消防設備士甲類など
  • 経歴: 1986年に入社し多数の現場を経験し現在管理職




応援クリックをお願いします。


就職・アルバイトランキングへ

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村


資格受験ランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です