【ビル管理転職】ある日の出来事 ビル管理の枠を超えて お客さんとの厚い信頼関係

消火器を噴射してしまったオーナーさん



オーナーさんからの突然の電話。間違えて消火器の噴射してしまったと慌ている様子。事務所にいる技術者が総動員で対応に向かう。現場は消火器剤の粉で一面ピンクの海。消火剤は白色と思っている方が多いと思いますが実際はピンク色。

消火器の噴射する時間は15秒前後。全部放出したあとの始末は以外に大変な作業。粉を拭くにしてもこの粉君はなかなか落ちない。拭いても拭いても浮き上がって来る粉。喫茶店の入口でお客さんも入れず出れずじまい。とにかく人手をかき集め清掃作業に徹する。

終わったあとの充実感

ビル管理って目立たない仕事です。でも、必要してくれるお客さんもいっぱいいる。目立たないがビル管理会社がないとビルは運営していけない。ビル管理ってこんな仕事もあるんです。

その後そのオーナーさんとは良好なお付き合いが続き我が社の大ファンになってくれた。工事も他社から我が社へ。収益ももたらしてくれる。

ビル管理会社の選定

繰り返しますが大手不動産会社の子会社はこのような緊急時の体制が出来ています。良いビル管理会社を選ぶ基準のひとつとして緊急センターがあるビル管理を探す。人手不足の今。しっかりとした眼目でチャンスを逃さないでください。




【プロフィール】

  • ニックネーム:ビル管理が天職
  • 勤続年数:30年(新卒から一筋)
  • 保有資格:電気主任技術者、建築物衛生衛生管理技術者(通称 ビル管)、 第1電気工事士、第2種電気工事士、消防設備士甲類など
  • 経歴: 1986年に入社し多数の現場を経験し現在管理職





応援クリックをお願いします。
↓↓

就職・アルバイトランキングへ

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です