【ビル管理転職】第三種電気主任技術者の願書申請が迫っていますよ

電験三種の願書提出を忘れずに

平成30年度の電気主任技術者の願書提出が5月初旬より始まります。試験は9月。試験チャレンジにはまだまだ間に合います。5ヶ月でも合格可能の学習カリキュラムを立てじっくりと着実に身につけましょう。




 

まずは4教科全体を読んでみる

4月はこの作業で電験三種がどのような試験か?内容はどんなものか流してみることが大事。5月の連休からは一科目づつ深い学習で7月末までに4教科の知識を概ね理解する。

8月はひたすら問題集を繰り返す。そこで出来ないことが浮き上がるので再確認含めて再学習。

何度も問題集と参考書を見比べる

電験三種は計算問題と暗記が半々。なので暗記問題は通勤の電車の中で。計算問題は休み時間や家での空き時間に集中的に。

計算問題はオームの法則の始まり多くの方程式を覚えることが必要。まずは方程式を覚えるながら計算問題に馴染んでいく。電力、機械、照明などもあるが法規は殆どが暗記。

一教科ごとのカリキュラム。

次回からは一教科づつの学習ポイントに焦点をあて効率よく学習する方法についてご案内したいと。これがすべてではありませんが、自身合格したカリキュラムも参考になればと。

5ヶ月、ゴールデンウィークもお盆休みも捨てる覚悟でやれば合格の美酒が味わえます。頑張りましょう 。



>

応援クリックをお願いします。
↓↓
s://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1520_1.gif” width=”110″ height=”31″ />
就職・アルバイトランキングへ

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です