【ビル管理転職】ビル管理をやるのであれば最低二つの資格が必要よ!

このサイトはビル管理という仕事を日常的な目線でお伝えていきます。実情が分からない方、転職をお考えの方への情報サイトです。若い人材が多く成長業種と注目してされているビル管理。参考にしてほしいです

ビル管理を希望するなら最低二つの資格が必要




まずは危険物乙4類が必要不可欠です。この資格は比較的合格し易く月に2回ほどの試験が組まれています。

受験資格のハードルは低く受験料も4,000円程度あることから是非とも持っておきたい資格の一つです。

勉強方法は一か月みっちりやればやれば合格可能です。ビル管理者の中で殆どの技術者が危険物乙4類の資格を保持しています。まずはここがスタートラインとなります。

わが社の新人さんは半年の研修期間で二つの資格を取得します。まずは上記の危険物、あとは第二種電気工事士です。電気工事士の資格については次回のブログをご紹介するとして、まずは危険物を始めましょう。

転職を考えている方は今すぐに危険物の乙4類にチャレンジしてください。



一日に1時間の勉強時間を割くということはなかなか難しいですが、通勤時間を活用して本を開いてみてはどうでしょうか?。

眠気が襲ってきても毎日繰り返し参考書を開く。これも習慣になれば楽しみになります。きっと合格が待ってくれています。

繰り返しになりますがビル管理への足入れは危険物乙4類からです。さぁここからがスタートです。

【プロフィール】

  • ニックネーム:ビル管理が天職
  • 勤続年数:30年(新卒から一筋)
  • 保有資格:電気主任技術者、建築物衛生衛生管理技術者(通称 ビル管)、 第1電気工事士、第2種電気工事士、消防設備士甲類など
  • 経歴: 1986年に入社し多数の現場を経験し現在管理職





応援クリックをお願いします。
↓↓

就職・アルバイトランキングへ

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です