【ビル管理への転職サイト】ビルメン(管理)なら知っておきたい水槽の種類と清掃頻度

ビルメンマンなら知っておきたい水槽の種類と清掃頻度




まずは上水槽から

ビルには多くの水槽が設置されている。まずは上水(飲料水)関係。受水槽。地下に設置してあるが水道局からの上水を一旦受水槽に。

水が使用され高架水槽が減水したら受水槽から屋上の高架水槽に送水される。この二つの槽は飲料水用として使用されるがトイレ等の流水にも多く使われ、清掃はビル管法により年に1回である。

排水槽

2階以上でのトイレや洗面所の排水は直接自治体の施設に排水される。

しかし、1階から地下のトイレ、洗面所の排水は汚水槽または雑排水槽に流れ一定の水量になったら自治体の桝に送り込む仕組みとなっている。清掃頻度はビル管法で年3回。

湧水槽

雨水や湧き水を溜める湧水槽である。こちらも汚水・雑排水槽と同じく一定のレベルに達したら外部へ放流する仕組み。清掃義務はない。

中水槽

洗面所から排水された水を濾過し中水へ。トイレの流水用として使用しているビルも数多い。エコ、省エネからこのような仕組み。

大型ビルに多く中水槽が設置されるケース。清掃義務は特段なし。その他にも水槽がありますが、主な水槽を紹介しました。

ビル管理は色々の法律から成り立っている

電気事業法、ビル管法、消防法、建築基準法ほか多くの法律で成り立っている職種。勉強することは数多いがやりがいも倍ある。

ビル管理は年を取ってもできる仕事。転職を考えている方は今が大チャンスです。人手が足りない今こそ飛び込んでほしてものです。お待ちしていますよ。




【プロフィール】

  • ニックネーム:ビル管理が天職
  • 勤続年数:30年(新卒から一筋)
  • 保有資格:電気主任技術者、建築物衛生衛生管理技術者(通称 ビル管)、 第1電気工事士、第2種電気工事士、消防設備士甲類など
  • 経歴: 1986年に入社し多数の現場を経験し現在管理職




応援クリックをお願いします。


就職・アルバイトランキングへ

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村

5/20日がっちりマンデーで放送されます。
予約が殺到する前に事前のお知らせです。
早めに注文をして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です