【ビル管理転職】一番大事なこと それはビル管理の楽しさを知ることです

ビル管理の楽しさとは?




ビル管理の楽しさは「ビルを守る」使命感にあります。

ビルを守るとはテナントワーカーに安全・安心・快適を提供すること。有事のために日々訓練しいざというときにマニュアル等を整備しています。

例えば停電、火事、地震など。マニュアルを作成して模擬試験を常に実施している。色々なパターンを想定することがまずはスキルアップに繫がるので。

いざというときにテナントの財産を守ることになるのです。これがやりがい。法律が変わったりテナントが入れ替わったり修正すべき点は最新版で万全を期す。

東電火災停電のときも冷静に対応

一昨年の東電火災事故停電時の時もそうだった。落ちついた行動で復電作業にあたる。テナントさんからの電話は鳴りやまない。殺伐としたなかで冷静に対処する。

これもしっかりとしたフローと日々の訓練が役立つのです。ビル管理ってそういう仕事。知識と知恵が無ければ出来ない仕事。

是非、ビル管理の門を叩いて楽しみを味わってみませんか。


女性活躍にも一助

 

新入社員が30人ほど入社しました。うち5人ほどが女性。女性活躍の場も用意されているビル管理。女性躍進が期待できる時代になっています。女性の方も是非ビル管理を知ってほしいです。

【プロフィール】

  • ニックネーム:ビル管理が天職
  • 勤続年数:30年(新卒から一筋)
  • 保有資格:電気主任技術者、建築物衛生衛生管理技術者(通称 ビル管)、 第1電気工事士、第2種電気工事士、消防設備士甲類など
  • 経歴: 1986年に入社し多数の現場を経験し現在管理職




応援クリックをお願いします。
↓↓

就職・アルバイトランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です