第二種電気工事士の合格カリキュラム(簡素編)

電気工事士の資格取得に向けて

 

技能試験




筆記試験に合格し技能試験にも合格しないと免状の交付には至りません。技能試験は実際に道具(ペンチ・ドライバーなど)を用いて配線図に基づき正確に配線していきます。参考資料




技能試験は繰り返し電線を剥く作業。図面をしっかりと読み取る力。指にタコが出来るまでに修練する。本番では時間に追われて焦る事が考えられます。10分前には終了させ確認作業を怠らない。これが肝心です。




といった具合に合格までの道のりは簡単ではありませんが、電気の基礎、ビル電気設備を知るうえで第2種電気工事士の資格は重要。チャレンジあるのみです。




平成30年度電気工事士試験の実施日程

問い合わせ先

一般財団法人電気技術者試験センター本部事務局TEL 03-3552-7691 FAX 03-3552-7847

http://www.shiken.or.jp 9時から17時15分まで(土・日・祝日を除く)





応援クリックをお願いします。
↓↓

就職・アルバイトランキングへ







筆記試験編




以前よりビル管理の仕事に従事するには危険物乙4類と第2種電気工事士が不可欠な資格とお伝えしました。この二つが無いと入社試験の種類選考ではじかれます。なので絶対に必要な資格といえます。

資格取得へのアドバイスと試験内容について解説します。まずは筆記試験。数学を中心とした計算問題と電気部品の名称、内線規程をしっかりと習熟しなければなりません。




筆記試験は何かと法則を覚える必要がありしっかりとした電気の知識を身に着けないと合格は不可能です。




まずは筆記試験の一例をみてみましょう。

第二種電気工事士 過去問 平成28年 上期 第1問図のような回路で、端子a-b間の合成抵抗[ Ω ]は?
ht

【解説】




となるわけで基礎を知らずしては全く歯が立ちません。まずは基礎を固めること。そして多くの問題にチャレンジしてみる。

合格ライン60点ですが60点を取るつもりでは合格は無理です。満点を取るつもりで抜けのない学習プログラムを組む必要があります。

学習プログラムとは3ヶ月間ですべてマスターするスケジュールスタイルです。

3ヶ月間のカリキュラムで筆記試験は合格できます。試験者の大多数が3ヵ月は必要であるとの意見から学習期間はこのぐらいはみましょう。

技能試験




筆記試験に合格し技能試験にも合格しないと免状の交付には至りません。技能試験は実際に道具(ペンチ・ドライバーなど)を用いて配線図に基づき正確に配線していきます。参考資料

技能試験は繰り返し電線を剥く作業。図面をしっかりと読み取る力。指にタコが出来るまでに修練する。本番では時間に追われて焦る事が考えられます。10分前には終了させ確認作業を怠らない。これが肝心です。




といった具合に合格までの道のりは簡単ではありませんが、電気の基礎、ビル電気設備を知るうえで第2種電気工事士の資格は重要。チャレンジあるのみです。




応援クリックをお願いします。
↓↓

就職・アルバイトランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です